11月19日は「緑のおばさんの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

心が温まる記念日もあります。

 

今回はそういう記念日ではないでしょうか。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで11月19日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで11月19は何の日かというと

緑のおばさんの日」。

 

皆さんも小学生のころに

お世話になったであろう

緑のおばさん」。

 

特に子供のころ

わんぱくだったそこのあなた!

(私のこと?)

 

「緑のおばさん」の手を

相当焼いてきているのではないでしょうか。

 

そこで「緑のおばさんの日」

が制定された経緯と

「緑のおばさん」について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

「緑のおばさんの日」が制定された経緯

 

「緑のおばさんの日」」が制定された経緯

の前に、「緑のおばさん」について

説明します。

 

「緑のおばさん」とは

学童擁護員」。

 

通学する学童を交通事故から守るために

信号や横断歩道に立っている人のことです。

 

初めて「緑のおばさん」制度を使ったのが

東京都。

 

1959年(昭和34年)に、初めてこの

「緑のおばさん」が登場したのが

11月19日。

 

これにちなんで11月19日を

「緑のおばさんの日」と制定されました。

 

今から58年前にことです。

女性が働きたくても仕事のない時代でした。

 

それをどうにかしようと東京都労働局が

失業対策として採用していたようですが

今では町内会などで分担されています。

 

 

「緑のおばさん」について

 

1.「緑のおばさん」の呼び名について

 

「学童擁護員」をなぜ「緑のおばさん」

と呼ばれているかわかりますか?

 

緑色は

「交通安全のシンボルカラー」

 

この緑色の制服と帽子を身にまとい

学童の交通安全を守っていたことから

「愛称」としてつけられました。

 

私は「愛称として」というところに

若干の違和感があります。

 

「おばさん」って愛称ですか?

と思いませんか?

 

かといっていい言葉が浮かびませんが。

「おばちゃん」ではかわりませんよね。

 

「おばさま」「熟女」怒られそうですね。

 

「奥さん」「ご婦人」「おかみさん」

「マダム」「セレブ」

町内会の人だったら

独身の人もいるだろうし。

 

「おねえさん」なんか皮肉っぽい。

 

「淑女」逆にかしこまっていっるような。

 

やはり「緑のおばさん」が

一番いいんですかね。

 

当時の人たちもこの呼び方に

悩んでいたのかもしれませんね。

 

 

2.「緑のおばさん」の仕事

 

今では町内会やボランティア活動

アルバイトなどで

「緑のおばさん」の仕事を

している場合が多いです。

 

ちょっと前までは「自治体職員」が

業務を担っており(いまでもあるのか?)、

「あんな仕事で年収が800万円」

などという差別的な記事が

ネット上で大量に踊っています。

 

確かに給料は高いかもしれません。

しかし、

「実際にやってみないとわからない部分」

があるはずです。

 

それを知ろうともせず「年収」のような

表面的なことだけがネット上で踊っており

にぎわっている始末。

 

ここで給料がどうとかと

言うつもりはありません。

 

「緑のおばさん」は「学童の命を守る

という義務があり、登下校中の学童の

安全確保はは、たで見るよりも

大変で責任も重い仕事です。

 

特に低学年の学童は

何をしでかすかわからない、

突然飛び出すことがあるかもしれない

というリスクがあります。

 

万が一にも事故が起こった場合には

責任を問われることになります。

 

ですので「表面的なこと」だけを見て

他人の仕事や給料を批判することは

いかがなものかと感じています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

11月19日は

「緑のおばさんの日」。

 

子供を守ることは

我が国の未来を守るということ。

 

決して軽んじられる仕事ではありません。

 

まして現状でボランティアで

やっている人も多いです。

 

ですので、子供の命を守っていることを

誇りに感じていたければと思います。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村