11月18日は「雪見だいふくの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

暖かい記念日もあれば

冷たい記念日もあります。

 

今回は後者で、

しかもこの時期になじむのかどうか・・・。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで11月18日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで11月18日は何の日かというと

雪見だいふくの日」。

 

私も子供のころから食べてきた

雪見だいふく」。

 

それだけ長年愛されてきたということ

だと感じています。

 

皆さんは「雪見だいふく」は好きですか?

 

私はもちろん好きですよ。

 

他のアイスにはない

あの食感。

 

なぜか突然食べたくなるあのアイス。

 

最近はあまり食べていませんが、

この記事を書いて食べたくなりました。

 

そこで、

「雪見だいふくの日」が制定された経緯と、

「雪見だいふく」について

私が感じていることを

取り上げていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

「雪見だいふくの日」が制定された経緯

 

「雪見だいふくの日」を制定したのは

ロッテ」さん。

 

「雪見だいふく」という商品を

世間にアピールするために

制定された「雪見だいふくの日」。

 

そして長年愛され続けてきた

「雪見だいふく」。

 

この制定された目的は

果たされたと思います。

 

制定された日は11月18日ですが。

「11(いい)」という語呂合わせと

「雪見だいふく」を開封したときに

縦に置くと「18」に見えるために

11月18日を「雪見だいふくの日」と

制定されたそうです。

 

確かに「雪見だいふく」を刺すための棒と

雪見だいふくが入った部分を見ると

「18」に見えますね。

 

長年見てきましたが

「言われてみれば」という感じでしたね。

 

意表を突かれてしまいました。

 

そこで私が考える「雪見だいふく」について

 

取り上げていきます。

 

 

「雪見だいふく」について

 

1.「雪見だいふく」は期間限定品

 

意外に思われている人も

いるかもしてませんが

「2個入りの雪見だいふく」は

冬季限定で9月~5月しか販売

されていません

(9個入りの「ミニ雪見だいふく」

は通年販売されていますが)

 

これには気が付きませんでした。

 

言われてみれば真夏には

食べていなかったような・・・。

 

一部のファンには

雪見だいふくが店頭に並んだら夏は終了

という認識があるようです。

 

確かに熱い真夏に食べるより

涼しくなり寒くなってから食べる

イメージがありますね。

 

 

2.「雪見だいふく」を夏に売らない理由

 

「だいふく」といえば「」ですよね。

 

餅は本来は冷やすと固くなってしまいます。

 

「雪見だいふく」はそうならないように

でんぷんや糖質を加えた「求肥

で包まれています。

 

この「求肥」が冷えても柔らかい食感を

与えてくれるんですね。

 

ただし、冷えても硬くならないのは

素晴らしい発見でしたが、

逆に暖かいところでは

「求肥」がドロドロに溶けだす

という欠点があり

独特の食感が失われます。

 

そのために真夏には販売されないんですね。

「アイスと言えば夏」というイメージを

払拭したアイスと

言えるのではないでしょうか。

 

また、ライバルと競合しないというのも

戦略の一つかもしれません。

 

また、私のように

食べたい気持ちをじらされる

という戦略があるのかもしれません。

 

ただ、「急に食べたくなるアイス」

だと感じています。

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ

 

11月18日は

「雪見だいふくの日」。

 

「雪見だいふく」について取り上げました。

 

冬季限定品であること、

冷えても固まらない求肥でアイスを包み込む

工夫など、開発した人の努力が出ています。

 

販売している姿とは裏腹に

魅力のあふれたアイスであると

感じています。

 

この日絵おきっかけに

今日のおやつは

「雪見だいふく」にしてみては

いかがですか。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村