11月14日は「世界糖尿病デー」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

いい記念日も悪い記念日もあります。

 

何を取り上げようか迷うぐらい

多い日もあれば、少ない日もあります。

 

今回も後者で、しかも食べ物ではありません。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思っていますが、

今回は少々恐ろしい話です。

 

というわけで11月14日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで11月14日は何の日かというと

世界糖尿病デー」。

 

糖尿病」って知っていますか?

と聞かれたら「知らない」という人は

いないと思います。

 

少なくとも聞いたことぐらいは

あるはずです。

 

しかし、「糖尿病の恐ろしさ」を

知らない人は少なくないのではと

思います。

 

そこで、

「世界糖尿病デー」が制定された経緯と、

糖尿病の恐ろしさについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

「世界糖尿病デー」が制定された経緯

 

「世界糖尿病デー」を制定したのは

世界保健機関(WHO)」。

 

糖尿病とは切っても切り離せない

インスリン」の発見者である

フレデリック・バンティングの

誕生日が11月14日。

 

糖尿病の恐ろしさを全世界に

認知してもらうために制定された

「世界糖尿病デー」。

 

1991年に国際糖尿病連合(IDF)

とWHOが制定し、2006年に

国連総会で公認されました。

 

それだけ糖尿病は恐ろしいということです。

 

 

糖尿病の恐ろしさ

 

1.糖尿病とは

 

糖尿病とは血液中のブドウ糖が

多くなる病気です。

 

いわゆる「血糖値」が高い状態です。

 

食事をしたら血糖値が上がりますが、

すい臓から分泌される「インスリン」

によって細胞の中にブドウ糖が取り込まれ

血糖値は正常値になります。

 

しかし、この「インスリン」の分泌が

不足すると血液にブドウ糖が残り

「高血糖」になります。

 

この状態が糖尿病です。

 

糖尿病には、遺伝などを原因とするⅠ型と、

生活習慣が原因となるⅡ型があり、

我が国ではⅡ型の方が

夫雨滴に多いです。

 

いわゆる「生活習慣病」ですね。

 

この状態が続くと

あらゆる合併症を引き起こします。

 

 

2.「糖尿病」が引き起こす三大合併症

 

① 網膜症

 

目には網膜があり、毛細血管が

たくさんあります。

 

血糖値が高くなることで

動脈硬化を引き起こし、

網膜が壊れていきます。

 

最悪の場合「失明」になります。

 

 

② 神経症

 

高血糖により手足の先の血管が詰まったり

異常な状態になります。

 

これにより神経障害が起こってしまいます。

 

この状態がさらに進行すれば

「壊疽」が進行し、最悪の場合

手足の切断」を余儀なくされます。

 

 

 

③ 腎症

 

腎臓は血液中の老廃物をろ過して

尿として体外に排出する働きをします。

 

その腎臓にも血管が多数通っています。

 

その血管を通る過程で血液が浄化されますが

高血糖が続くとやはり血管が詰まったり

動脈硬化を引き起こします。

 

この状態が進行していくと

血液が浄化されなくなり

「尿毒症」になります。

 

ここまでくると機械で血液を浄化する

人工透析」が必要になります。

 

これは週3回4時間程度時間を要し

病院に通わなくてはならないため

日常生活に大きな支障をきたします。

 

また、「食事制限」をしなければ

ならなくなります。

 

 

3.私が入院中に見た「糖尿病患者」

 

ここからは、

あくまでも「私が見た糖尿病患者」ですので

「糖尿病患者全員」が当てはまるわけでは

ありませんのでご了承ください。

 

糖尿病患者なら、糖尿病が引き起こす

三大合併症のことを知っているはずです。

 

にもかかわらず、血糖コントロールを

しようとしていない人でした。

 

空腹時血糖値が70~110mg/dLが

正常の範囲ですが、その方は

400mg/dLを超えていました。

 

かなりひどい状態ですね。

 

入院中ですので、食事制がされて

しまいます。

 

そうなると「物足りなさ」を

感じていたと思います。

 

病院内の売店に行ってお菓子を買ったり

お見舞いに来る家族や友人に

お菓子を買ってくるように頼んでいました。

 

一応家族の方もたしなめていたようですが、

「食べたいときに食べられず

ストレスが溜まって病気になったら

どうしてくれるんだ」

というのが口癖でしたね。

 

ストレスによる悪影響は否定しませんが、

その食べ方があまりにひどかったですね。

 

朝ご飯を食べる前にも隠れて食べて、

食後にも隠れて食べて、

寝る前にも隠れて食べていたので

ストレスによる悪影響以上に

ヤバい状態ですね。

 

糖尿病患者は食事前に「空腹時血糖」

を測りますが、いつも高い値を示しており

看護師さんからも「また食べたでしょ」

と言われる始末。

 

病院はもちろん、家族、友人、

同部屋の患者など

あらゆる人が説得していましたが

いっこうににやめる気配がなく

暖簾に腕押し状態でした。

 

看護師さんによると、

糖尿病患者でこのような人は

多いとのことです。

 

実は糖尿病の本当の恐ろしさは

ここから生まれるのかもしれません。

 

「食べることへの執着心」が

とんでもないことを

引き起こしてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

糖尿病の恐ろしさを

感じていただけましたか?

 

三大合併症で強いられる

「失明」、「手足の切断」、「人工透析」

いずれも嫌ですよね。

 

もちろんそうならないように

頑張って食事制限をされている方も

多いと思います。

 

しかし、私が見た患者さんのような方も

多いのも事実です。

 

皆さんには「糖尿病」の恐ろしさを

知っていただき、生活習慣の見直す

きっかけにしていただければ幸いです。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村