10月7日は「バーコードの日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

毎日記念日があるので朝礼のネタにでも

してください。

 

最近は食べ物の話題が多いですが

今回は食べ物ではありません。

 

しかし、なるべく明るい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月7ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

というわけで10月7日は何の日かというと

バーコードの日」。

 

今や知らない人はいないであろう

バーコード」。

 

買い物をするときに商品に

貼り付けてある「バーコード」。

 

社員証などのネームプレートや

証明書などにも使われているバーコード。

 

もはや私たちの生活の中では

欠かせることのできないバーコード。

 

しかし、「バーコードってなに?」と

聞かれたら答えることができますか?

 

正確に答えることができる人は

少ないのではないでしょうか。

 

「縦じまと数字と記号が並んでいて・・・」

ぐらいしかわからないと思います。

 

10月7日は「バーコードの日」。

 

そこで、バーコードの日ができた経緯と

この日を機会に私が考えたことについて

取り上げていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

「バーコードの日」が制定された経緯

 

制定の前に、

バーコードはいつできたのでしょうか?

 

バーコードが最初にできたのは

1949年(昭和24年)です。

 

ドレクセル大学の大学院性たちが

バーコードを発明しました。

 

そして3年後の1952年(昭和27年)

10月7日に特許を取得しました。

 

この日にちなんで制定された

「バーコードの日」。

 

バーコードが発明されてから68年、

特許を取得してから65年が経過して

いるんですね。

 

意外と歴史がありますね。

 

この歴史の中で今や日本を含め

世界中に広がっていきました。

 

 

バーコードとは

 

バーコードって何?

 

バーコードの日が制定された経緯は

わかりましたが、そもそもバーコードとは

なんなのでしょうか?

 

一言で言うとバーコードとは、

縦じまの線の太さにより数値や

文字を表す識別子です。

 

これをバーコードリーダーで

読み取ることによって、

キーボードで情報を入力する必要が

なくなります。

 

お店ではレジでキーボードをたたかなくても

コンピューターに入力され、レシートが

出てきてくれるので間が省けます。

 

まあそれでもスーパーなんかでは

時間帯によっては行列になっていますけど。

 

また、社員証や入場券などでも形は違えど

同様の効果がありますね。

 

つまり、バーコードとは会社側で入力や

集計する手間が省けるシステムですね。

 

 

バーコードの日で考えたこと

 

スーパーのレジの行列を見ると、

バーコードがなかったらと思うと

ゾッとしますね。

 

一つ一つ商品の値札を見てキーボードを

打ち込んで、終わったらその都度集計して

なんてやっていたらいつ家に帰れるか

わかりませんね。

 

そうして世の中は便利になっていきます。

 

しかし、私はふと逆のことを考えていました。

 

それは、世の中が便利になっていくことで

失われるものもあるということです。

 

バーコードがもしなかったら不便ですよね。

 

しかし、考えようによっては、バーコードが

なければ仕事にありつけることができる人が

増えますよね。

 

要するに、便利になればなるほど

仕事量が減り、当然仕事をする人も

減っていきますよね。

 

今後もどんどん便利になる一方で

仕事を失う人が増えていきます。

 

「時代の流れ」ではありますが、

消えゆくものがあることは

寂しいことでもあります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

10月7日はバーコードの日。

 

バーコードの登場で便利になった一方で

仕事がなくなった人もいるはずです。

 

これからも便利になって行く一方、

仕事を失う人も出てくるでしょう。

 

バーコード一つで寂しいことを

考えてしまいました。

 

それよりも、

今後はそんな寂しいことよりも、

どのような便利なものが出てくるのかを

楽しみにしていきたいと思います。