10月12日は「たまごデー」

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

色んな記念日があります。

 

 

毎日記念日があって、

いろんなことを考えさせられます。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月12ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

というわけで10月12日は何の日かというと

たまごデー」。

 

皆さんは「たまご」は好きですか?

 

私は大好きです。

 

「たまごかけごはん」にしたり

「たまご焼き」にしたり

「たまごとじ」にしたり

使い方は無数にある「たまご」

 

ここ何年かは値上げがされているものの

低価格で庶民の味方である「たまご」。

 

そこで、たまごデーが制定された経緯と

たまごの魅力について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

「たまごデー」が制定された経緯

 

「たまごデー」を紹介する前に、

ヨーロッパでは10月12日を

コロンブスデー」と呼んでいます。

 

1492年10月12日に

コロンブスがサンサルヴァドル島に上陸し

アメリカ大陸を発見しました。

 

これが「コロンブスデー」の由来です。

 

コロンブスと言えば「コロンブスの卵

が有名ですね。

 

「新大陸の発見は簡単」とバカにされた

コロンブスが、「この卵を立ててみよ」

と言ったところ、誰もできませんでした。

 

それに対しコロンブスは

たまごを潰して立てたことから

「コロンブスの卵」という

ことわざができました。

 

つまり、「たとえ簡単なことでも、

最初に思いつき行動することが重要だ」

ということです。

 

このことから、いつしか「たまごデー」と

呼ばれるようになりました。

 

「たまごデー」というからには直接たまごに

まつわる由来だと思ったら、間接的な由来

だったんですね。

 

コロンブスは偉大でしたね。

 

 

たまごの魅力

 

1.栄養が豊富である

 

 

 

 

 

 

 

まず、みなさんは「カラザ」というものを

ご存知でしょうか・

 

上の図の白い部分が「カラザ」です。

名前は知らなくても

見たことはありますよね。

 

この「カラザ」を取り除いてしまう人が

少なくありません。

 

確かに見た目は気持ち悪いかもしれません。

 

しかし、この「カラザ」にこそ

栄養が詰まっています

 

鉄分やカルシウムなどミネラルのほか、

ビタミンB1・B2、カロチン、シアル酸

など栄養満点です。

 

シアル酸は免疫力を高める働きがあります。

これからの時期は風邪やインフルエンザ

予防効果が期待できますね。

 

ですのでカラザは捨てずに食べてください。

 

 

また、「コレステロールが高い」と言われる

たまご。

 

しかし、たまごを食べても

血中コレステロールが上昇しないことが

学術的に証明されています。

 

その点においても安心であるたまご。

 

もちろんたまご本体にも

良質なたんぱく質、脂質、ビタミン、

ミネラルなど栄養は豊富です。

 

ですので筋肉にもいいし、脳にもいいし

肝臓を守ってくれる働きがあります。

 

 

2.レシピが多い

 

たまご尾を使ったレシピが

とにかく多いですよね。

 

TKG(たまごかけごはん)や卵焼き、

目玉焼き、たまごとじ、ゆでたまご、

温泉たまごなど主役になれる「たまご」。

 

また、すき焼きのときの「とき卵」や

パスタやサラダに乗せて「まろやかさ」

を出すなど、食材を引き立てることができる

「たまご」。

 

某ラーメンのCMのように

上に乗せることもできる「たまご」。

 

ちなみに、お湯を入れて卵を固めるためには

たまごを冷蔵庫から出して、

常温にしておく必要があります。

 

「CMのように固まらないじゃん」って

思った人は、たまごを常温にしてから

お湯を入れてみてください。

 

 

3.リーズナブル

 

今でこそ値段が高くなってきましたが、

それでもたまごはリーズナブルですよね。

 

スーパーに行くと、これでもかって

言うぐらい卵が積み上がっていますよね。

 

それだけ需要があり、庶民の味方である

たまご。

 

それも、養鶏場の方々の日々のご苦労の

賜物です。

 

これには感謝ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

10月12日は「たまごデー」。

 

コロンブスが由来の「たまごデー」。

 

栄養満点でレシピも多く、リーズナブルな

「たまご」。

 

とにかく魅力たっぷりの「たまご」。

 

これを安心して食べられるのも、

養鶏場の萱方の苦労のたまものです。

 

この「たまごデー」。を機会に

養鶏場の方々に感謝しつつ

美味しく食べていただいたら

幸いです。


生活・文化ランキングへ