1月4日は「官公庁御用始め」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

休みが終わって体がだるくなる

記念日があります。

 

今回はそういう記念日です。

というか「記念日」かどうかは

疑問ですが。

 

「年末年始こそ書き入れ時」

という人には無縁ですね。

 

でも「だるい」という意味では

同じなのかもわかりませんが。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで1月4日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで1月4日は何の日かというと

官公庁御用始め」。

 

年末年始休みが明けて

休みボケ」になっていませんか?

 

この記事は2日前に公開するので

休みはあと1日ですね。

 

まさに「休みボケ真っ最中」

という人も多いと思います。

 

しかし今は大手スーパーやコンビニ等は

元旦もから営業しているので

無関係の人も多くなっていますね。

 

私も「休みボケ」になるほど

休みがあるわけではありません。

 

そこで、「官公庁御用始め」が

制定された経緯と、

「休みボケ」の解消法について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

「官公庁御用始め」が制定された経緯

 

「官公庁御用始め」は1月4日ですが、

12月29日から1月3日までは

休暇となっていますね。

 

官公庁の方と、普段から官公庁の

仕事をしている人はご存知だと思います。

 

この休暇は1873年(明治6年)から

法律で定められています

 

江戸時代が終わった後すぐの時代から

定められた法律が現在でも

生きているんですね。

 

ともあれ

この日から官公庁の仕事が始まります。

 

しかし、休みボケが解消されたころに

また3連休がありますよね。

 

ここでまた「休みボケ」が

復活するのではないでしょうか。

 

まあ「書き入れ時」の人には

無縁の話ですね。

 

ここで一つ豆知識。

 

私は「書き入れ時」と書きましたが、

これを間違いだと思った方はいませんか?

 

これは商売が繁盛する時期を指しますが、

「お金を搔き集める」ということで

「掻き入れ時」と思っている人が

多いようです。

 

しかし、商売が繁盛して

帳簿に書き入れる」のが忙しいことから

「書き入れ時」と書きます。

 

今回の内容とは関係ありませんが

参考までに。

 

話は元に戻して、

少しでも「休みボケを解消する方法」を

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

「休みボケ」を解消する方法

 

「休みボケ」が発生する原因として

自律神経の乱れ」があります。

 

自律神経は仕事をしている時など緊張感が高く

アクティブに動いている時に交感神経が

優位に働きます。

 

自律神経は自分でコントロールをすることが

できません。

 

心臓や内臓は自分の意思で動かしたり止めたり

できないですよね。

 

これらは自律神経の働きによるものです。

 

普段は規則正しく生活しているので乱れにくい

のですが、長期休みになることによって

その規則が乱れてしまいます。

 

早寝早起きが遅寝遅起きになったり、

ご飯を食べる時間も変わったりすることが

原因の一つです。

 

そうなると、緊張感がありませんので

交感神経よりも、リラックスしている時の

「副交感神経」が優位になります。 

 

この状態が休みを開けても続くために

「休みボケ」の状態になります。

 

この副交感神経優位の状態から脱することが

「休みボケ解消」のカギになります。

 

1.朝のシャワー

 

規則正しくという意味では早起きは効果的で、

シャワーをする事で目が覚めますよね。

 

まずは頭の中を目覚ましするとスッキリした状態

で仕事に向かうことができます。

 

 

2.カフェインを摂る 

 

カフェインは休暇中に休んでいる交感神経を

刺激して呼び起こす効果が期待できます。

 

朝一でコーヒーを飲むというのは

そういう意味では理にかなっています。 

 

ただ、コーヒーを飲みすぎると夜眠れなくなる

恐れがありますので注意が必要です。

 

なんでも過ぎたらダメだということですね。

 

 

3.カプサイシンを摂る

 

唐辛子などに含まれるカプサイシンも

交感神経を刺激する働きがあります。

 

朝はコーヒーで交感神経を刺激し、

昼は唐辛子を使った食べ物で

交感神経を刺激すると効果があがりますね。

 

 

4.軽めのストレッチ

 

ストレッチと聞くと大袈裟ですが、

例えば仕事中に疲れた時に「ん〜!」と

体を伸ばしますよね。 

 

あれは交感神経を刺激する意味では効果的です。

 

よく、その行動を悪いように捉える人が

いますが、これは「まだ頑張るぞ」という

意思表示として捉えていただけたら幸いです。

 

この「体を伸ばす」事を布団の中でやること

によって目覚めが違ってくるはずです。

 

皆さんも「休みボケ」の時に限らずこの伸びで

交感神経を刺激してもうひと頑張り

してほしいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

1月4日は「官公庁御用始め」。 

 

このブログが公開されるのはその2日前。

 

ということは今日寝るところから規則正しい

生活に戻して、明日はいつもの時間から活動する

ことにより「休みボケ」が少し収まるかも

知れません。

 

もうすぐ休みが開けますので、

これらを参考にしていただき、

「休みボケ」が解消されたら幸いです。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村