1月29日は「肉の日」

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

農家の方等の方には厄介者とされていますが

食べたら意外と美味しいものの

記念日があります。

 

今回はそういう記念日です。

 

天敵がいなくなったことにより

どんどん増え続けて、

農業被害などが拡大しています。

 

今では私が住んでいる所の近所でも

見かけることがあります。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで1月29日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで1月29日は何の日かというと

肉の日」。

 

一口に「肉」と言っても

色んな種類の肉がありますよね。

 

牛肉、豚肉、鶏肉、馬肉、鹿肉、・・・

あげたらキリがありませんね。

 

それに同じ肉でも部位によって

味わいも違ったりするので

食の可能性が無限に広がります。

 

そこで、「肉の日」が制定された経緯と、

今回は肉の中でも「鹿肉」について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

「肉の日」が制定された経緯

 

先日の記事

記念日は毎日です!12月29日は何の日「肉の日」豚肉の魅力

にあるように、

2(に)9(く)」の語呂合わせによって

毎月29日が「肉の日」とされました。

 

「肉を食べる日」との位置づけで

安売りをするスーパーや

キャンペーンを行う焼肉屋さんを

見かけますね。

 

もちろん「肉を食べる日」

にしてもいいですが、

「肉を知る日」にしてもいいと思います

 

そんな中、北海道では「鹿」が増えすぎて

「農業被害」は拡大の一途を辿っています。

 

 

ただ、「鹿肉を食べる」ということも

行われています。

 

そこで今回は馴染みが少ない

「鹿肉」について取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

鹿肉について

 

1.鹿肉の栄養・効能

 

①.低カロリー・高タンパク

 

鹿肉は他の肉に比べて低カロリーです。

牛肉や豚肉の約3分の1、

脂質は80分の1です。

 

相当ヘルシーですね。

それでいて高タンパクなので、

体を作る、特に筋トレをして

ダイエットしようと思っている人には

有難い食べ物です。

 

②.DHA

 

DHAは青魚に多く含まれている成分で、

鹿肉にも含まれています。

 

DHAは脳神経に働きかける成分として

期待されています。

 

「DHAで頭が良くなる」と

言われているものですので、

ぜひ摂っておきたい成分ですね。

 

③.ビタミンA

 

鹿肉にはビタミンAが含まれています。

 

ビタミンAは子供でいうと発育の促進、

視覚の暗順応、美肌効果などが

期待できます。

 

 

④.鉄分

 

鹿肉には鉄分が含まれています。

 

鉄分は造血作用があり、

貧血予防効果が期待できます。

スポンサーリンク

 

これらの結果、高血圧や糖尿病、脂質異常症等の

生活習慣病の予防効果が期待できます。

 

また、ビタミンやミネラル等、

現代人に不足しがちな栄養素が

多く含まれています。

 

 

2.鹿肉を食べた経験

 

「ヘルシーなのはわかったけど、

実際食べたらどうなの?」

というツッコミを受けそうなので、

私が食べた経験を取り上げていきます。

 

私が食べたのは北海道南富良野町の

エゾカツカレー」。

 

これは南富良野のご当地グルメです。

 

初めて出会った時に「鹿なんて食えるの?」

と思ったことを思い出します。

 

また「鹿肉ってクセや臭みがありそう」

と勝手な想像をしていました。

 

いざ食べてみるとクセや臭みは

ありませんでした

 

薄切りにされていたこと、揚げられていたこと、

カレーに入っているために

臭みが消えたのかもしれません。

 

肉自体はあっさりしているものの

旨味があっておいしくいただきました。

 

これでいてヘルシーなのが嬉しいですね。

 

 

まとめ

 

「毎月29日」は「肉の日」。

 

色々な肉がある中で

今回は「鹿肉」について取り上げました。

 

鹿肉はヘルシーで栄養価が高いので、

ダイエットをしている人には

有難い食べ物ですね。

 

ただ、北海道では天敵である「オオカミ」が

居なくなってから増え続け、

農業被害が深刻化しています。

 

これも元を辿れば人間のしたことの

しっぺ返しなのでなんとも言えないですが。

 

この日をきっかけに、「鹿肉」を

知っていただけたら幸いです。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村