1月27日は「求婚の日」

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

男性にとってどうやって相手に伝えるか

かんがえるものの記念日があります。

 

今回はそういう記念日です。

 

普通に行うのがいいのか、

サプライズ的に行ったほうがいいのか

悩ましいところですね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで1月27日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで1月27日は何の日かというと

求婚の日」。

 

「求婚」とはいわゆる「プロポーズ」。

 

どのようにプロポーズをするかは

時代に関わらす悩むものです。

 

最近ではタレントさんが

番組内でプロポーズをする場合も

多いですね。

 

人生にとっての一大行事ですね。

 

そこで「求婚の日」が制定された由来と、

「求婚」について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

「求婚の日」が制定された由来

 

お嫁さん募集」。

 

なんて新聞の求婚広告があったら

あなたはどうしますか?

 

「やった、ぜひ私を」と思う方は

ほとんどいないのではないでしょうか。

 

いくら結婚願望があっても、

相手の素性も知れない方とは

そう簡単に結婚できないものです。

 

実は1883年(明治16年)1月27日の

新聞に初めて求婚広告が掲載されました。

 

掲載した依頼主によると、

「離婚をしたために不自由しており

17~25歳で貧富を問わない人を

お嫁さんとして募集したい」

とのことでした。

 

新聞で嫁さんを募集するとは

恐るべき行動力というか、無謀というか

すごい方ですよね。

 

その結果、なんと19歳の女性から

連絡があり、無事?に結婚したそうです。

 

この女性もすごい行動力ですね。

 

やはり「行動を起こす人」は

強いということでしょうか。

 

ちなみに「6月の第一日曜日」が

「プロポーズの日」として

別に制定されています。

 

それはともかくとして、皆さんはどこで

プロポーズをしているか気になりませんか?

 

そこで、プロポーズをした場所について

ベスト5を取り上げていきます。

 

 

プロポーズをした場所

 

求婚する場所は様々ですが、

ここでは多い順に取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

1.自宅(された側の自宅も含む)

 

なんだが現実的な気がしますね、

 

約40%の人が自宅でプロポーズした、

もしくはされたとしています。

 

夜景などのようにロマンチックで

かしこまった場所よりも、

リラックスできる場所でさりげなく

プロポーズをするということを選ぶ人が

多いようですね。

 

「二人きりになれる」というのも

プラスなのかもしれません。

 

 

2.高級レストラン

 

普段行かないような高級レストランを予約して、

そこでプロポーズする人も多いようです。

 

特別なことをやるにはいいのかもしれませんが、

相手にその気だとバレてしまう可能性が高く

「サプライズ感」はない薄れるかもしれません

 

 

3.夜景スポット

 

女性は

「ロマンチックなところでのプロポーズを

望んでいる」人が多いようですが、

このパターンは意外と少ないようですね。

 

男性の方がロマンチックさに欠けている

ということでしょうか。

 

 

4.ホテル(旅行中)

 

ホテルと言っても「旅行先」でのことですね。

 

この場合は旅行を計画している段階で

プロポーズをどうするかを考えていますよね。

 

この場合は「夜景が見える部屋」

を選んでいる可能性もあり、

3と被ることもありますね。

 

これは計画段階で緊張感が高まりそうですね。

スポンサーリンク

 

5.車の中

 

車の中というのも二人きりになれますよね。

 

私みたいにドライブが好きな人には

選択肢の一つとしてあげられます。

 

車の中でさりげなくという人も多いようですね。

 

あとは行き先次第というところでしょうか。

 

 

まとめ

 

1月27日は「求婚の日」。

 

新聞に「求婚広告」を載せた勇気ある人が

きっかけで制定されました。

 

それで結ばれたのですから驚きですね。

 

今ではSNSがありますが、

かえって怪しまれてしまいそうです。

 

 

プロポーズする場所も様々だし、

されたい場所も様々ですね。

 

いつもなら

「この日をきっかけに、求婚していただければ

幸いです」と結びたいところですが、

今回はいま一度求婚をするか否か、

するならその仕方等を

検討していただけたら幸いです。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村