1月2日は「初夢の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

実体があるものではないものの

記念日があります。

 

今回はそういう記念日です。

 

年の初めですので

良いものが見れれば

縁起が良くテンションも上がるかなと

思います。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで1月2日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで1月2日は何の日かというと

初夢の日」。

 

このブログは2日進んでいるので

今は後数時間で年を越してしまうという

タイミングです。

 

今年一年はどんな年でしたか。

 

いいことも悪いこともすべて洗い流して

来年はいい年にしたいですよね。

 

そこで、「初夢の日」についてと

私がよく見る夢について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

「初夢の日」について

 

突然ですが、皆さんはいつ見た夢が

初夢」だと思いますか?

 

「その年に見た最初の夢」という答えが

返ってきそうですね。

 

私もそう思っていましたし、

初夢を見るのが遅れたらそうなっていまいます。

 

しかし、毎日夢を見ていたとして、

いつの夢が「初夢」になるかご存知でしょうか?

 

これには諸説あり、初夢は大晦日の夜に見る夢、

元旦の夜に見る夢、2日の夜にに見る夢と

分かれていますが、一般的には

2日の夜に見る夢」が初夢と

されているそうですね。

 

私はてっきり「大晦日の夜に見る夢」が

初夢だと思っていました。

 

知らなかったのは私だけでしょうかね。

 

昔から初夢の内容がその一年が

いい年になるか否かを占うという風習が

ありますね。

 

これは室町時代から通じるもので、

良い夢を見るには七福神の乗った宝船の絵に

「永き世の遠の眠りの皆目覚

め波乗り船の音の良きかな」

という回文(逆さに読んでも同じ文章になるもの)

の歌を書いたものを枕の下に入れて寝ると

いい夢を見るという言い伝えがあります。

 

これでも悪い夢を見たら翌朝に宝船の絵を

川に流して縁起直しをする風習がありました。

 

そんなこともありつつ、2日の夜に見た夢が

初夢ということになっています。

 

 

スポンサーリンク

 

私がよく見る夢

 

初夢のタイミングを長年にわたって間違えていた

私ですが、よく見る夢を考えて見ました。

 

一番多いのが多い「誰かに追いかけられる夢」。

 

しかし、夢の中では思ったようには

逃げられないことが多く、

今度は「空を飛んで逃げる夢」へと

変わっていきますね。

 

とにかく「誰かに追いかけられている夢」や

「逃げる夢」「空を飛ぶ夢」が

圧倒的に多いですね。

 

ちなみに追いかけられる夢は

今のままでいると良くないことが起こる

という警告」の意味があるそうです。

 

しょっちゅう追いかけられている私は

現状を変えなければならないのでしょうかね。

 

「逃げる夢」もよく見ますが、これは

何かに追われている」ことを表している

そうです。

 

そのまんまですね。

 

思い当たるとすれば「仕事に追われている」

ということですかね。

 

しょっちゅう残業していることからも

それが言えると思います。

 

ちょっと前までは資格の試験の勉強に

追われていたので、これも含まれているかも

しれません。

 

「空を飛ぶ夢」は自分が自由に動くことができ、

理想的な生き方をしている証だそうです。

 

上の二つは身に覚えがありますが、

これに関しては正しいとは思えません。

 

基本的に「自由」な時間って少ないですよね。

 

また、「逃げる」延長線上のことなので

尚更疑問を感じてしまいます。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

1月2日は「初夢の日」。

今年ももうすぐ終わりますが、

どんな一年でしたか?

 

初夢通りになりましたか?

 

というより初夢なんて忘れていますよね。

 

皆さん今年一年お疲れ様でした。

 

来年も(来年は)いい年でありますように。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村