1月19日は「のど自慢の日」

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

出場したことのない、

できないであろうものの記念日があります。

 

今回はそういう記念日です。

 

これには出場できませんが

似たようなことをするのが好きで

今でもたまに行きますね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで1月19日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで1月19日は何の日かというと

のど自慢の日」。

 

もちろん私は出場したことはありません。

 

しかし、カラオケで歌うのは好きです。

 

今でこそカラオケボックスに行く機会が

減りましたが、学生時代はよく大勢で

行ったものです。

 

そこで、「のど自慢の日」のことと

カラオケについて取り上げていきます。

スポンサーリンク

「のど自慢の日」のこと

 

のど自慢とは「NHKのど自慢」。

 

皆さんも知っての通り、全国各地で

素人さん達が歌って毎週チャンピオンを

決める番組です。

 

NHKのど自慢が始まったのが

1946年(昭和21年)1月19日

 

戦後まもなく始まってもう70年以上が

経過している歴史のある番組ですね。

 

当時はNHKラジオで

「のど自慢素人音楽会」

として放送されていました。

 

素晴らしい歌声を披露する人や

そうでない人?など様々ですが、

「明るく!楽しく!元気よく」

をモットーにしています。

 

 

基本的に全国ネットの生放送なので

番組に応募した人(達)は

勇気というか度胸、根性がありますよね。

 

しかも倍率が10倍以上というのも

驚きですね。

 

私ならたとえ素晴らしい歌声を持っていても

あの場面で歌うのは無理ですね。

 

番組に出られた方、応募された方の

勇気と度胸と根性には敬服いたします。

 

しかし、カラオケは大好きです。

 

歌はうまくはありませんが、

カラオケボックス内であれば

人前でも平気で歌えます。

 

そこで、カラオケについて

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

カラオケについて

 

私がカラオケによく行った時期

 

一番カラオケボックスに行っていた時期は

高校生、大学生のことですね。

 

もう20年以上も前のことです。

 

当然お金がない時期でしたので

8人とか大勢で行くことが多かったですね。

 

大勢で行くものだから、

曲の最大予約数の8曲分はすぐに埋まって

それがキープされていましたね。

 

当時は「レーザーディスク式」の機械で

「ウィーン」という音とともに

曲がかかっていましたね。

 

また、今みたいにリモコンで

曲名を検索できなかったので

曲名の載っている本の奪い合いでしたね。

 

何を入れるか悩んで

本を独り占めしている奴がいて

周りから「早くしろ」と

怒られていましたね。

 

私がカラオケに行きだした頃は

ミスチルが流行りはじめ、

それをいち早く歌っていたのを覚えています。

 

おそらく私の周りで「星になれたら」

を歌ったのは私が最初ではないでしょうか。

 

「星になれたら」の頃はまだ

ミスチルが流行ってなかったですからね。

 

そうしているうちに「GLAY」が

流行りだして、これも私の持ちネタ

もとい持ち歌になりましたね。

 

とこんな話をすると「歌が上手い」と

勝手に想像されがちですが、

多分普通レベル(音程は外さないレベル)

だと思います。

 

昔の採点では高得点を

出していましたからね。

 

昔の採点は音程とリズムさえ合っていたら

高得点が出るシステムでしたからね。

 

今のように「ビブラート」だの「しゃくり」

だのが出てきてからは普通になりましたが。

スポンサーリンク

 

まとめ

 

1月19日は「のど自慢の日」。

 

NHKのど自慢にことや

私がカラオケに行っていたころの

様子を取り上げました。

 

「懐かしいなあ、あの頃はそんなんだった」

と懐かしんでいただけたら幸いです。

 

そのカラオケボックスも減少しています。

 

NHKのど自慢とともに

カラオケボックスも

ぜひ残ってもらいたいと思います。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村